2017年11月17日金曜日

第9回市民ふれあい講座を開催しました。

外来の診察待ちをされている患者さんを対象に、市民病院スタッフが医療関連情報を提供する「市民ふれあい講座」の第9回目を11月14日に開催しました。

今回のテーマは、「スキンケアをして皮膚を守ろう!」です。講師は当院の皮膚排泄ケア認定看護師の山本看護師が務めました。

はじめに、空気が乾燥する季節となったこともあり、ご自分の肌の状態を把握するため、乾燥肌のセルフチェックを行いました。肌の弱い方や高齢者の肌の乾燥は、美容面の課題ではなく、バリア機能の低下を招き、肌トラブルの一つの原因となるようです。

ではどういったスキンケアをすればいいのか、実践を交えて説明しました。
体の洗い方として、ボディソープはしっかりと泡立てて洗うことで汚れが取れるので、摩擦を与えないように手で洗うのがいいようです。実践では両腕にマジックで落書きして、ボディソープをそのまま付けた場合と、泡立てて付けた場合のマジックの落ち方を比べました。そのまま付けた場合は何度も擦らなければ落ちないのですが、泡立てた場合は弱い力で落とすことができました。
その他、肌の弱い方には、乾燥と摩擦を予防するための洗浄→保湿→保護が大切のようです。お困りの方はもう一度見直してみてください。

「市民ふれあい講座」は7月から毎月2回、火曜日に開催しています。
次回は11月21日(火)10時頃から「腰痛について」を開催します。
来院された際は、ぜひお立ち寄りください!
今後のスケジュールはこちらをご覧ください。



  

2017年11月13日月曜日

新病院の模型が島田工業高校文化祭で披露されました。!! ~新病院模型づくり協働プロジェクト~

11月11日(土)に島田工業高校文化祭が開催され、製作中の新病院模型が初披露されました。

文化祭当日、島田工業高校に伺うと大勢の来場者で、大盛況でした。来場者の案内をしている学生さんもハキハキとして、とても気持ち良く対応していました。

新病院の模型を展示してある教室に向かうと、先生方とお揃いのスタッフTシャツを着た生徒さんがにこやかに出迎えてくれました。

そして、教室の真ん中に新病院の模型が展示されていました。先週まではまだ作成途中だった外構も完成しており、見事な新病院の姿がそこにありました。

少し上の卒業生も後輩の作品を見に来ていて、「すごく精巧に出来ているね。」と感嘆の声を上げていました。
誇らしげな生徒さん、そしてそれを見ている先生方の様子が印象的でした。

島田工業高校の先生方、生徒さん達のこれまでの苦労の賜物です。本当にありがとうございます。最終的な完成に、もうひと手間加えるとのことです。

とても楽しみな完成品の贈呈、展示の詳細は、年明けになりますが、追ってご案内いたします。









2017年11月10日金曜日

いいひふの日の市民講座で当院橋爪副院長が講演します

11月12日は日本臨床皮膚科医会が「皮膚の日」として制定しています。
「皮膚の日」に合わせ、11月11日(土)に静岡市葵区の中島屋グランドホテルで、いいひふの日「皮膚科医による皮膚の無料相談」&「市民公開講座”水虫のおはなし”」が行われます。
市民公開講座では当院皮膚科の橋爪医師(副院長)が講演します。
申込み不要・参加無料ですので、みなさんぜひ足を運んでみてください。



2017年11月2日木曜日

いよいよ新病院の模型が披露されます。!! ~新病院模型づくり協働プロジェクト~

いよいよ来週(11月11日・土)に島田工業高校文化祭で、製作中の新病院模型が披露されます。間近に迫った初披露に向けた、現在(11月2日)の状況を伺ってきました。

教室に伺うと、お二人の先生と生徒さん達が集中して作業に取り組んでいました。
病院本体は、先月よりも更に完成度を増して、非常階段など細かい部分が作りこまれていました。また、病院本体以外の駐車場や植栽などの細かい作業も進んでいました。

先生、生徒に話を伺うと難所を突破したのか、笑みを浮かべながら、一度作り直した部分や非常階段の構造が難しかったことなどを解説してくれました。

そして、これは当日のお楽しみかもしれませんが、今後のデコレーションの仕方なども説明いただきました。

島田工業高校の先生、生徒さん達、本当にありがとうございます。

11月11日の島田工業高校文化祭での模型披露にご期待ください。
そして、ぜひ、文化祭には、多くの皆さんが足をお運びください。













静岡県立島田高等学校同窓会会報「川波だより」で当院看護部が紹介されました。

県立島田高等学校同窓会会報「川波だより」第8号に当院の看護部が紹介されました。
当院では、45人の島高卒業生が看護師として働いています。
看護師になったきっかけや看護師のやりがいなど、5人の現役看護師のコメントも掲載されているので、島高生、卒業生は元より、看護師に興味のある方もぜひ読んでみてください。




2017年10月31日火曜日

大橋医院跡地に車いす利用者及びベビーカー利用者仮設駐車場が完成し、11月1日(水)から利用できるようになります。

大橋医院跡地に車いす利用者及びベビーカー利用者用の仮設駐車場が完成しました。
11月1日(水)からご利用できます。
※車いす利用者用の駐車場は、許可証が必要となります。
詳細は以下の大橋医院跡地仮設駐車場のご案内をご覧ください。







【お問い合わせ先】          
市立島田市民病院 事務部病院建設推進課
電話番号 (0547)35-2111(代)内線2324
Eメール :bsuishin@municipal-hospital.shimada.shizuoka.jp

2017年10月26日木曜日

第1回しまだがん患者サロンを開催しました。

平成29年10月25日に当院健診センターの3階で第1回しまだがん患者サロンを開催しました。「がんサロン」とは、がん患者さんとご家族が集まり、交流や情報交換をする場のことです。

当日は、6名の患者さんとご家族が参加してくださり、静岡県対がん協会の方が2名と、ピアサポーターさんが3名のご協力をいただきました。
ピアサポーターとは、ご自身ががんという病気を体験した人・その家族がピア(仲間)として「体験を共有し、ともに考える」事で、がん患者やその家族などを支援していく人のことです。

丁度時期がハロウィンでしたので、ハロウィングッズで受け付けを飾り、お迎えしました。お菓子と、お茶をご用意してお茶を飲みながら、静かな音楽の流れる、ゆったりとした雰囲気ではじまりました。

まず、静岡対がん協会から、「がんサロン」についての説明とピアサポーターさんの紹介がありました。

ピアサポーターさんを含め、がん患者さんご家族にそれぞれ自己紹介/これまでの経過や今考えていることや思っていることをお話いただきました。

その後、臨床心理士の先生から、簡単なリラックス方法を教えていただき、疲れたからだと気持ちをほぐしていただきました。

終了後のアンケートから、「悩んでいるのが自分だけではないことが分った」「気持ちを話す事ができた」「悩みを解決するヒントを得た」の感想が多かったです。
今回は、当院のがん患者さんとご家族を対象にさせていただきましたが、今後は他病院の方も対象にして行く予定です。
次回開催時期は、未定ですが又ホームページや院内掲示でお知らせいたします。