2016年8月16日火曜日

第4回市民ふれあい講座を開催しました。

外来の診察待ちをされている患者さんを対象に、市民病院スタッフが医療関連情報を提供する「市民ふれあい講座」の第4回が開催されました。

今回のテーマは、「熊本地震・医療救護班派遣報告」。講師は当院の医療ソーシャルワーカーでDMAT業務調整員の川島さんが務めました。

2016年(平成28年)4月14日以降に熊本県を震源に発生した熊本地震については、記憶に新しいところです。当院からも医師1名、看護師2名、薬剤師1名、業務調整員1名の計5名が県からの派遣要請を受け4月21日から26日までの期間、熊本県内の救護所等で活動を行いました。

今回の市民ふれあい講座は、これまでの講座とは少し趣向を変えて、救護班の1人として活動した講師の川島さんの活動報告と災害への備えについての講義が行われました。

活動報告では、業務を行った中での課題として、被災地は継続的な支援を求めているが、支援する側は人員が入れ替わり立ち代わりとなってしまうこと、様々な職種が集まるため連携が難しく、情報伝達が錯綜してしまうことなどが挙げられました。

また、災害への備えの講義では、出来るだけ想定外を想定内にすることが大切であると強調し、
・電気・ガス・水道が使えないことを想定する
・行政機関の機能が低下することを想定する
・トイレが使えなくなることを想定する
など、日頃から意識を高めておけば、災害時の避難生活が大きく違うと語りました。

そして、家具を固定すること、ガソリンはある程度余裕をもって給油しておくこと、現金は少し手元に置いておくことなど、今からでも出来る備えをしておくことが、とても大切であると呼びかけました。

川島さんの実体験を元にした説明は説得力があり、多くの方が集中して聴講している様子が印象に残りました。

「市民ふれあい講座」は、原則として毎月2回、第2・第3火曜日に開催します。
次回は、9月13日(火)の午前10時頃からの開催となります。ご来院の際には、ぜひご参加ください。

今後のスケジュールはこちらをご覧ください。








2016年8月9日火曜日

第3回市民ふれあい講座を開催しました。

外来の診察待ちをされている患者さんを対象に、市民病院スタッフが医療関連情報を提供する「市民ふれあい講座」の第3回が開催されました。

今回のテーマは、「緩和ケアと医療用麻薬について」。講師は当院の緩和ケア認定看護師の織田さんが務めました。

年間30万人を超える方々がお亡くなりになられている「がん」ですが、平成19年4月に「がん対策基本法」が施行され、治療の初期段階からの緩和ケアの実施が可能になり、がん患者及び家族の苦痛軽減及び療養生活の質の向上が図れるようになりました。

早い時期から緩和ケアを受け、痛みを和らげ取り除くことができれば、生活の質(QOL)が向上し、寿命も長くなるとの研究があるそうです。その痛みを治療するための薬が「医療用麻薬」と呼ばれるものです。

講演ではまず「医療用麻薬」という言葉から連想される負のイメージ「身体に良くない」「がん患者の最後の手段」「だんだん効かなくなる」「中毒になる」「廃人になる」「命が縮む」などは、全て誤解であることが説明されました。

「医療用麻薬」は痛みがある人に対して使う場合には、決して怖い薬ではなく、痛みを伝える化学物質と結合して、痛みを伝えないようにしてくれる有効なものであるとのことです。また痛みは人によって感じ方が違うため、患者さんご本人が我慢することなく、痛みの具合や程度などを医療従事者に正しく伝えることで、より適切な緩和ケアを受けることが可能となるようです。

織田看護師の丁寧な語り口と、わかりやすい説明に熱心に聞き入る患者さんも多く、最後の質疑応答では、講師が思わず「鋭いですねー」と感心するほどの質問も飛び出すなど、熱気あふれる講座となりました。

「市民ふれあい講座」は、原則として毎月2回、第2・第3火曜日に開催します。
次回は、8月16日(火)の午前10時頃からの開催となります。ご来院の際には、ぜひご参加ください。

今後のスケジュールはこちらをご覧ください。






2016年8月4日木曜日

榛原医師会会館で「出張災害時救護所運営研修会」を開催しました

7月29日(金)、榛原医師会会館で「出張災害時救護所運営研修会(講師:静岡県災害医療コーディネーターの松岡医師(当院救急科主任部長))」を開催しました。
榛原医師会会館への出張研修会も4回目となりますが、今回も33名と多くの方に参加していただきました。
今回の研修会では「PAT法の復習と赤ゾーンの診療について」をテーマに4グループに分かれ、トリアージゾーン、赤ゾーン、救護所本部と見学を順にまわりました。
各ゾーンと本部は、トランシーバーを使いお互いに患者の搬送などの情報をやり取りしながら、医師には手順や手技を、看護師には介助や診療記録、事務職にはクロノロ(時系列記録)や連絡役を実際に体験してもらいました。
本番さながらの研修でしたが、いかに救護所が忙しくなるか理解していただいたと思います。




2016年8月1日月曜日

平成28年度高校生1日ナース体験を開催しました。

今年は7月29日(金)に志太榛原地区を中心とした11の高校から38名(男子学生1名)の学生を迎えて行いました。

一段と進む高齢社会の中で医療従事者として看護師の果たす役割・使命はますます重要になっており、高等学校生徒に病院での看護実務を体験してもらうことによって、思いやりなど看護することの理解と関心を深めるとともに看護職への志望を啓発することを目的としています。

午前中は5~6人のグループに分かれ、手術室・救急外来・分娩室・透析室などの院内施設を見学し、午後は3~4人のグループで、入院中の患者さんの協力を得て足浴・洗髪・車椅子散歩などの看護体験を行いました。

体験後のアンケートを見ると、8割強の方が自分の意志で今回の1日ナース体験に参加したとのこと。そして、9割を超す方が、将来看護師又は医療関係の仕事に就きたいと回答していました。また、前回の看護体験に続いて参加したという高校生からは、「とても良い経験になりました。看護師さんたちもとても優しくて安心しました。このような看護師さんになりたいです。」といった感想が聞かれました。

市立島田市民病院は、看護師を志望する高校生の真摯な気持ちに、常に本気で応えていきたいと考えています。













2016年7月27日水曜日

第一学区健康講座「熱中症対策講座」で松岡医師が講師を務めました

平成28年7月19日(火)に、稲荷町公会堂において、第一学区保健委員主催の健康講座「熱中症対策講座」が開催され、当院の松岡良太主任部長(救急科)が講師を務めました。

第一学区の各町内から地域住民の皆様約50名が参加し、熱心に聴講されていました。こうした地域の取組によって、熱中症の発生が抑えられると期待されています。関係者の皆さま、お疲れさまでした。

梅雨明け直後は、熱中症の発生率が高まります。そして、高齢者は特に注意が必要です。熱中症は予防できますので、前もって備えておきましょう。

講座の中で紹介されましたが、熱中症対策について簡単にまとめたページが当院WEBサイト内にありますので、是非ご覧ください。

「救急センターだより(熱中症特集)」








2016年7月20日水曜日

熱中症対策講座(第2回)が開催されました。

平成28年7月19日(火)に、保健福祉センターはなみずきにおいて、島田市健康づくり課主催の「熱中症対策講座」(本年度2回目、1回目は平成28年6月30日に開催)が開催され、当院の松岡良太主任部長(救急科)が講師を務めました。

いよいよ東海地方の梅雨も明け、夏本番になってきました。梅雨明け直後の数日間は、熱中症になりやすいので気を付けましょうと松岡医師は話し始めました。前年・前々年のデータからも梅雨明け直後の週は、前の週と比較し熱中症の発生率が急上昇しているとのこと。これは、気温・湿度の急な変化に体がまだ慣れていないことにより、発症しやすくなっているためだとか。体は、自分が思っている以上に環境の急変化に弱いようです。

講演の冒頭、熱中症は予防ができる、しかし、残念ながら亡くなってしまう方が後を絶たないとして、まだまだ熱中症への理解が足りていない現状を訴えました。理解を難しくしているのは、「頭が痛い」「体が怠い」など一見すると、少し体調が悪いだけと思われることが、実は熱中症のなり始めであること、そして、この状態を放置すると重症の熱中症になり、重症の熱中症を2時間以上放置すると致死率が70%に跳ね上がってしまうと松岡医師は語りました。熱中症を『ただの夏バテ?』などと軽視しないことが重要のようです。

この後、熱中症の分類として軽度・中等症・重症別の症状と治療法が紹介され、熱中症の予防策である水分補給の詳細な説明がありました。

非常にわかりやすく、教科書に載っていない重要なポイントなど実践的な内容を織り交ぜた講座に、皆さん熱心に聴講されていました。

会場には、スポーツ団体の指導者や小中学校、幼稚園の教諭、保育士、高齢者施設の関係者など多くの地域住民の皆様が参会し、熱中症に対する関心の高さが窺われました。













2016年7月19日火曜日

第2回市民ふれあい講座を開催しました。

外来の診察待ちをされている患者さんを対象に、市民病院スタッフが医療関連情報を提供する「市民ふれあい講座」の第2回が開催されました。

今回のテーマは、「ころばん塾~転倒予防のすすめ」。講師は、医療安全管理室の大塚清美看護師長と、脳卒中リハビリテーション看護認定看護師の薮崎優子主任看護師が務めました。

「ころばん塾」は、出前講座などで、大変ご好評をいただいている演題で、日常生活の中に『ちょっとしたトレーニング(ちょいトレ)』を取り入れることにより、高齢者など筋力が低下している方の転びにくいからだづくりを目的にした講座です。

冒頭で進行役の藪崎さんから、転倒しやすい場所をチェックする合言葉「ぬ・か・づけ」が紹介されました。
「ぬ」は、ぬれているところは、すべりやすい。
「か」は、階段などの段差があるところは、転びやすい。
「づけ」は、片付けてない部屋は、つまずきやすい。
そして、「この様な場所に来たときには、転ばないように注意しましょう。」と呼び掛けました。

講演の中ほどからは、転倒しにくい体を作るための簡単な体操(ちょいトレ)を会場の皆さんと一緒に実演しました。
高齢者役を演じた大塚看護師長は、「普段本当に看護師長なの?」と疑いたくなるほどの役者ぶりで、数々の熱演に引き込まれた会場の皆さんが、自然に体を動かしていたのが印象的でした。

最後に、「少しの時間で簡単にできる体操です。今日の分はもう終わったので、明日からはじめてみましょう。」と呼び掛け、熱気冷めやらぬ間に講座は終了しました。

「市民ふれあい講座」は、原則として毎月2回、第2・第3火曜日に開催します。
次回は、8月9日(火)の午前10時頃からの開催となります。ご来院の際には、ぜひご参加ください。

※今後のスケジュールはこちらをご覧ください。