2017年6月21日水曜日

看護学生と現役看護師との交流会を開催しました。

611日(日)に、看護学生20名と現役看護師との交流会を開催しました。
毎年実施いている交流会ですが、今回は御前崎灯台~なぶら市場~おひさま食堂の「海コース」で実施しました。
御前崎灯台では雄大な海を眺め、参加した皆さんもリラックスした雰囲気で楽しんでいました。
その後、なぶら市場でおみやげを見ながら、新鮮な海産物に食欲を掻き立てられ、最後におひさま食堂で食事をしました。

学校や病院とは違うすみきった青空の下で気兼ねなく話し合えた、有意義な交流会となりました。

(看護部)





  



2017年6月19日月曜日

救急センターのX線CT装置を最新機器に更新しました。

 今回導入した装置は、1回転で128スライスの画像を撮影でき、従来機に比べ倍以上の撮影スピードになりました。例えば、頭からつま先までの全身を10秒以下、胸部を1.3秒程度で撮影が可能なため、息止めができない患者さんや子どもでも動きの少ない画像を提供できます。特に、広い撮影範囲を素早く撮影しなくてはならない多発性外傷症例において威力を発揮します。
 また、CT検査の課題であるX線被ばくも、従来と比べ最大70%低減でき、低線量で高画質の画像が得られます。
 3月下旬より稼動し5月までに2,000件余りの検査が行われ、本館X線CT装置と合わせ月に2,000件以上を実施し、各診療科の診断、治療に利用されています。
 今後も装置の性能を十分に活用し、患者さんの診療に役立つ画像の提供と患者さんの負担軽減に努め、市民の健康に貢献していきます。

今回導入したのCT装置の特徴はこちら

SIEMENS社製64列128DAS CT「SOMATOM Definition Edge」


2017年6月13日火曜日

災害医療研修会を開催しました。

6月12日(月)、当院にて災害医療研修会を行いました。この研修会は、当院で毎年11月頃に行っている防災訓練である「大規模災害対応訓練」を一過性の訓練でなく身のあるものにするため、5月から月1回程度のペースで開催しているものです。

今回の研修は一次トリアージ 「START 法」でした。トリアージとは、人的・物的資源が限られた状況で最大多数の傷病者に最善の医療を施すため、治療の優先度を決めることです。「START 法」は災害現場で時間が限られた中で行う傷病者のふるい分けで一次トリアージと呼ばれたおり、時間的に余裕があって患者を細かく観察できる二次トリアージと違い、1人30秒程度の短い時間で、誰がみてもほぼ同じ判断で患者を振り分けする方法です。

研修は、当院救急科主任部長の松岡医師の指導の下、トリアージタグの書き方の演習、「START 法」の実習などを行いました。研修に参加された職員は、研修が終わる頃には全員が自信を持って模擬患者のトリアージを行っていました。








2017年6月12日月曜日

第4回親善シニアサッカー・島田、川根大会に当院の中山主任部長が大会ドクターとして参加しました。

平成29610日(土)、11日(日)に横井運動公園サッカー場、金谷人工芝サッカー場を会場に第4回親善シニアサッカー・島田、川根大会が開催され、当院の中山主任部長(整形外科)が大会ドクターの一人として参加しました。

大会は60歳以上のシニア選手の親善大会ですが、選手の皆さんはとてもシニアとは思えない、力強いプレーで白熱した試合が繰り広げられました。
2日間暑い中、参加された皆様お疲れさまでした。

横井会場で大会ドクターを務める(左)中山Drと(右)木村Dr
試合を見守るドクター
大会風景
大会風景
大会役員で記念撮影

2017年5月31日水曜日

感染対策研修会を開催しました。

 5月23日、26日に院内で感染対策研修会が行われました。
 当院の感染管理者から「標準予防策について」と題して行われた講義は、職員全員が普段から心がけるべき感染対策の基本的な内容でした。医療従事者にとって最も大事な事の一つであるため、会場は座る席がなくなるほど多くの職員が公聴していました。
 基礎的なことを再確認し、今後も来院される方に安心していただける病院であるよう努めていきます。






2017年5月19日金曜日

中学生勤労体験を開催しました。

5月16日~18日の3日間、当院看護部主催で中学生勤労体験を開催しました。中学生勤労体験は、「実習を通して働くことの厳しさや大切さを感じ取ること」、「職場体験学習を通して、社会人としての挨拶、マナーやルールについて学ぶこと」、「事前学習・事後学習も含め、職場の人々とふれあい、地域社会で生活する意義を感じ取ること」を目的として毎年開催しています。
参加した15人の生徒さんは、それぞれ「頑張ってみたいこと」を掲げて、勤労体験に取り組み、中には「将来、医療関係の仕事に就きたい」と目標をもっている生徒さんもいました。
この職場体験が皆さんのこれからの夢につながっていくことを願っています。






2017年5月15日月曜日

ふれあい看護体験が行われました。

 「ふれあい看護体験」は地域住民の方々が保健医療福祉施設の見学や簡単な看護体験を通して医療関係者との交流を持っていただく全国的なイベントです。

 当院では5月11日(木)に開催しました。参加者は当院の新人看護師の親御さん8名と、看護師志望2名の合計10名の方でした。
 オリエンテーションを行った後、病棟・救急外来・手術室を見学しました。病棟見学では子供が仕事をしている姿も見学でき、我子ながら頼もしく映ったと話されていました。救急外来や手術室見学では普段ではなかなか見ることのできないところまで見学でき、看護の仕事には様々な現場があることを知っていただけたかと思います。
 その後、看護体験では病棟での足浴や車椅子散歩などを行い、患者さんからは「ありがとう」の言葉をもらい、とても感激していました。
 昼食は当院の病院食を試食しながら管理栄養士からの説明を聞きました。

 今回はふれあい体験を通して看護師の大変な部分、やりがい等を少しだけ知ってただけたかと思います。
 これからもこうした活動を通して看護の魅力を伝えていきます。









2017年5月9日火曜日

ハラスメント講習会を開催しました

本日(5月9日)、院内に設置されているハラスメント防止対策委員会主催のハラスメント講習会が開催されました。
島田みらい法律事務所の鳥居恭子弁護士を講師に招き開催された講習会では、セクシャルハラスメント、パワーハラスメント、マタニティハラスメントの定義や実例が示され、ハラスメントへの理解を深めることができました。
会場は満席となり、職員の「より良い・働きやすい職場作り」への意識が強く見えた講習会となりました。
講師からはハラスメントへの理解を深めることが最も重要であるとの言葉がありました。今後も講習会などを通じ理解をより深めていきたいと考えています。
 





2017年4月28日金曜日

車椅子を寄贈していただきました

 本日、大井町環境美化チーム(代表 小蔦宏様)から車椅子を寄贈していただきました。

 大井町環境美化チームは、平成17年頃、町内の有志5人で結成された団体で、毎週火曜日に町内を回るなどして、アルミ缶を回収しています。
今回も、その収益金で車椅子を4台寄贈していただきました。当院への車椅子の寄贈は平成20年度から始まり、今回で6回目、合計20台となりました。
 小蔦代表、会員の中西様が来院され、小蔦会長から目録が服部事業管理者に手渡されました。

 病院を支える大井町環境美化チームの皆様に感謝いたします。ありがとうございました。



2017年4月27日木曜日

平成29年度のBSC発表会を開催しました

当院では、病院の理念・基本方針を実現するための取組として、各所属においてBSC(バランストスコアカード)を作成し、1年間の目標を定めて全職員がその実行に努めているところです。

平成29425日・27日の2日間で、院内各所属が作成したBSCの院内発表会を開催しました。

各所属は、平成28年度に設定した目標に対する実績評価を報告するとともに、平成29年度に新たに設定した目標の発表を行いました。

それぞれの所属が1年間取り組んだ内容に対する実績や効果を報告するほか、課題を真剣に考え改善への要点を発表することで、業務改善に対する意識をより一層強く持つことができたのではないかと思います。


今後も経営改善の歩みを止めることなく、目標を着実に達成できるよう、職員一丸となって取り組んでまいります。








2017年4月24日月曜日

新病院模型づくり協働プロジェクト始動!

 新病院建設事業は、本年度工事発注に向けた実施設計の段階に入りますが、これと合わせて新病院の完成模型も作成してまいります。
 この模型づくりは、新病院の設計を行う内藤建築事務所の協力を得ながら県立島田工業高校建築科3年生の生徒さんたちにお願いすることとし、学校と企業と市民病院3者の協働プロジェクト方式で進めることとなりました。
 4月20日(木)、内藤建築事務所の設計者中村さん、中山さんが同校で『新市立島田市民病院の設計概要と模型づくりのポイント』と題する講義を行い、新病院模型づくり協働プロジェクトがスタートしました。
 講義を受けた生徒のみなさんからは、「設計者として特に市民にアピールしたかった点は何か」、「設計力を養うにはどうしたらよいか」といったするどい質問も出され熱心に受講されていました。
 模型の完成は本年度末となりますが、今後は、模型づくりの実地指導や建築設計を志す生徒さん向けの講義なども予定されています。どんな模型が仕上がるのか途中経過もお知らせしていきたいと思います。どうぞご期待ください。






2017年4月7日金曜日

島田市地域医療を支援する会から新年度の事業説明がありました。

4月6日、島田市地域医療を支援する会から新年度実施予定の事業「医療学習会、地域医療シンポジウム、出前講座(乳幼児子育て講座、高齢者サロン)」についての説明があり、講師の派遣についての協力依頼がありました。そして、念願だった島田市地域医療基本条例が3月30日に公布されたことについての報告がありました。
また、当院で「物忘れ外来」を担当している鈴木医師(後列右端)から、島田市地域医療を支援する会へ認知症カフェ設置への協力要請がありました。
地域と基幹病院が相互に協力し助け合うことは、来るべき2025年問題・超高齢社会に備えるための礎となるに違いありません。


2017年4月5日水曜日

当院職員の防災救援活動が読売新聞に掲載されました。

当院の整形外科の中山主任部長らが、バイク免許を持つ医療関係者によるボランティアの「オートバイ防災部隊」の結成について呼びかけを行っていることについて、2017年3月14日の読売新聞に掲載されましたので、紹介します。

2017年3月14日 読売東京 朝刊 静岡版

2017年3月29日水曜日

看護師国家試験の合格祝賀会を開催しました。

平成29年3月27日は、看護師国家試験の合格発表の日です。看護部では、この日に合わせて、来年度新規採用する職員を招待して看護師国家試験の合格祝賀会を開催しました。少し緊張しながら会場に入ってきた新採職員には、多くの先輩看護師から「おめでとう!」と祝福の言葉が送られました。きっと、これまでの苦労が報われるひと時だったと思います。祝賀会では各病棟等による職場紹介プレゼンが行われ、それぞれ工夫を凝らして作成した動画やパフォーマンスで会場を大いに沸かせました。また、会場内には各病棟等の紹介ブースも設置されており、この日最後に提出する配属希望部署届の判断材料となるだけに、どの新採職員も真剣に先輩看護師の話に耳を傾けていました。
いよいよ看護師としてスタート地点につく新採職員のみなさん、焦らずに一緒に頑張りましょう。